原元美紀の女子アナワークショップ

メンバー専用ページ

はじめに

2016年4月、アナウンサー現役25年目を迎えた原元美紀が自身の経験、

現場での体験を生かし、女子アナのブラッシュアップを目的とした勉強会を始めます。

放送の最前線に立つアナウンサーは、最新の情報を仕入れ、瞬時に適正な判断をし、そして正確に伝える技術を身に着けることが求められる職業です。また、放送を取り巻く環境や視聴者の受け止め方は、時代とともに

変化するものです。アナウンサーとして学び続ける姿勢がなければマイクを握ることは許されません。しかし、なかなか学ぶ機会がないのが現状です。

そこで、「もっと学びたい!これが知りたかった!」という声に応える

場を作りました。

参加資格は、現役女子アナ、または女子アナ経験者。

(記者、ディレクターなど放送業界で働く女性もOK)

開催ペースは、月1回程度を予定しており、毎回、アナウンサーにとって知っておきたい様々な分野の専門家をゲスト講師にお迎えします。

 

女子アナの方で、一緒に勉強したい、興味があるという方はこちらより

お問い合わせください。

次回ご案内

11月講座のご案内】受付中!
「もっと身近に感じてもらえる天気予報」

日時…11月24(日) 14:00〜18:00
会場…都内
講師…伊藤みゆきさん

 (気象予報士歴22年 / NHKラジオ「マイあさ」で気象情報を担当)

会費…10,000円

定員…少数制 

 

「明日は傘がいるかな?」

「コートを着た方が良いかな?」

「寒くなるからおでんが売れそうだな」

 

すべての人にとって一番身近で欠かせない情報とは、

ズバリ天気予報ではないでしょうか?

 

どんな服を着て、どこに行って、何を食べるのか

といった日々の生活のヒントに、

また災害時には命を守る。

そんな大切な道しるべ、それが天気予報です。

 

でも、誰が伝えても情報の届き方は同じではないのです。

見ている人に「自分のこと」として受け止めてもらえるには、

実は大切なポイントがあるのです。

 

気象予報士としてNHKラジオで活躍する伊藤みゆきさんを

講師にお招きし、

アナウンサーが知っておくべき気象情報について学びます。

 

​①講義

・お天気の基礎知識(気象用語、天気図読み方など)

・災害時の情報の集め方・表現の仕方

​ 

②実習

気象コーナー実演

・気象情報読み方(表現・言い回しなど)

・気の利いたコメントをするには・・・(1人、掛け合い)

  

③お天気に関するお悩み相談

質疑応答コーナー

 

いまいちポイントが伝わりにくいんだよね〜と言われる方を必修!

大切なことが伝えられるお天気コーナーを目指しましょう!

 

講義と実践ワークを組み合わせ、少数制で行います。

ご希望の方はお早めにお申し込みください。

​*

お申し込みや詳細の表示は、女子アナワークショップ『お申込み・お問い合わせフォーム』か『メンバー専用画面』にてお願いします。

© 2016 Miki Haramoto Official website All Right Reserved​